触れたらガンが消えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense00001

昼の12時。

ふと携帯を見たら
『1時間後に参加予定のイベント』
と表示が。

・・・!

ちゃんと申し込みはしていなかったけど
参加ポチだけしてたから
facebookからお知らせがきました。

身体心理学の専門家で
触れることに対してたくさんの著書をお持ちの
山口創さんの講演会でした。

うわー!!!!!!!

頑張って行けば間に合う。

席はあるかわからないけど
きっとなんとかなるだろう。

そう思って向かいながら
主催者のお姉様に連絡。

なんとか滑り込みセーフ♡

もう、この講演会の内容とタイミングは
今の私に合わせてくれたとしか思えない。

だって、今の私にタッチは
超必要な、使えるツールだったのに
最近すっかり意識から消えてたんだもの。

タッチケアのセラピストは
3年前の次女の妊娠中に取りました。

とはいえ、通常のタッチケア(ベビマ)
という形では日々実践しておらず

ひたすらに子どもたちには
ギュッと抱きしめることと
「愛してるよ」と言い続けることで
私なりのタッチケアをしてきました。

でも、これは毎日の子どもたちに
&時々旦那にというだけ。

病院に寝たきりの祖母の手を握ったりもしてたけど
最近闘病生活を始めた母のことは
意識的に触れたりしていなかった・・・

「あぁ、触れることで免疫力がアップするんだったな。
そうか、母のこともタッチしてあげなきゃな。」

そんな風にぼんやり思いながら
話を聞いた後の交流会。

「タッチケアに出会って、自分で自分を触れていたら、ガンが小さくなって消えちゃいました」

なんていう方がおられたのです。

そりゃそうだよね。

免疫力がアップしたら
そういうことだって起こりうるよね。

何がどうなって
どういう結果が起こるのか。

複数のことを同時並行で行う
ガン治療では証明はしにくいでしょう。

だけど、早速昨晩から母へのタッチケア。
ついでに、リフレクソロジーも始めました。

私、この日のために
5年間たっくさんのことを学んできたの?

そう思ってしまうほどに
やってあげられることがたくさんあります。

自分で自分に触れてもガンが消えるなら
私が一緒に触れてあげたら
きっと消えるはず。

そう考えたら
まだ長く続く闘病生活も
母と一緒に楽しみながら
精一杯続けられる気がしてきました☆

読んでくれて、ありがとう。

☆すずきさんちメニュー☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<すずきさんち(鈴木可奈)メニュー>

!new! 有料メルマガはじまりました。
【すずきかなのブログでは言えない話】
すずきかなのブログでは言えない話

ブログでは勿体なくて
書ききれないふか〜い話を
たったのワンコインで
お伝えしちゃいます。

今なら初月無料キャンペーン
、実施中♡
  
通常の無料メルマガ
こちらから登録できます^^
 
 
魔法のメガネセッション

ニヤニヤしちゃうくらい
嬉しい夢に向かうための
具体的な行動指針が見えちゃいます。

色眼鏡→魔法のメガネに
かけかえましょう。
skype対応始めました。

 
魔法の習慣

毎日たった10分で
行動できるあなたに変わります。
習慣づくりのお手伝いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>